バスケをやってみた。

バスケ(フリースロー)をやってみた。

ワンハンドシュートは完璧にできないし、する気もない。バスケは遊びでしかやってなかったのでそこはご容赦ください。

「SLAMDUNK」が好きでその中でも三井が好きでした。

リングに触れずにスパッと決まる瞬間がとても気持ちいい。

主人公の桜木花道が膝がサボったときは入らん。と言っていましたが、その感覚がなんとなくわかるようになりました。

もっと言えばお尻にグッと力が入る感じがいいのかな。と思いながらシュートしてました。あと、リラックスしなければうまくいかないし、焦ってもうまくいかない。そんなところは普段の競技にも繋がるところが大いにあります。

これは完全なる遊びの目的ですが、やるからには10本連続決めてみたいですね。

ちなみに「リングの手前を狙うか奥を狙うかという」宮城と三井が交わしていた議論ですが、私は奥を狙う派です。

トレイルラン

シーズンオフはシーズンとは違うトレーニングが入ってきます。

その一例はトレイルランニング。

熟練者の方にコースを教えて頂きました!

20161113_140354

グローブは信号機で揃えてみました。

 

舗装路を走るのとは違い、難しさがあります。

アップダウンも多いので、そこまでペースを上げずとも負荷をかけることができますし、地面からの衝撃もアスファルトより少ないです。

今回走ってみて、重心の移動の仕方、力の伝え方などいろんな発見がありました。

また、聞く所によると、股関節などの柔軟性が増すそうです。確かに複雑なコースや路面状況に対応するには、普段のランニングではしない身体の使い方を強いられます。腕振りなど、上半身の可動域も広がってきますね。

トレイルから舗装路にうつった時には、なんと走りやすいことか。。。地面を掴んでいる感じ。

良いトレーニングになりそうです。

何よりも山で遊んでいるような、童心に戻った楽しさがあります。

15036690_1037781536347388_4434642933410839982_n

 

ぜひ皆様も取り入れてみてはいかがでしょうか?

※ただし、安全面や歩行者に気をつけてくださいね。

 

あと、汚れも。

20161113_154348

デュアスロンヒロシマ

11月6日(日)にデュアスロンヒロシマに招待選手として参加しました。

この時期のトレーニングはレースペースから離れているので、どうかな。と思いましたが、問題ありませんでした。

むしろバイクもランも良くなっている動きをそのまま実戦強度で試すことができ、非常に良い経験ができました。良い手応えがありました。

、、、とはいえ、バイクもランもアップダウンの激しいテクニカルなこのコース。まだまだ鍛えないと。という感想です。

この調子で冬場にしっかりと積み上げていきます。

img_8313

img_8332

img_8405

img_8538

広島県トライアスロン協会をはじめ大会スタッフの方、人数がスタッフ人数が少ない中で大変な中、運営をありがとうございました!

今回は県内外からたくさんの選手が参加されていて、そして若い世代の人も多く、とても嬉しく思います。皆さん、熱いレースをお疲れ様でした!

広島空港は標高がやや高いので、動いていない応援の方々は少し寒かったかもしれませんね。。。そんな中でも声援を下さりありがとうございました!

img_8646

表彰台は亀仙人さんと。招待選手でしたが、表彰していただきありがとうございました。

2位は広島大学の南屋選手、3位は立命館大学の田中選手。

とてもアットホームな雰囲気です。しかし、レース自体は非常に白熱。よろしければぜひ一度ご参加ください!

img_8658

チャレンジデュアスロンの告知もさせていただけました。

11月23日(祝)開催です。申し込みは終了しましたが、お時間ある方はぜひ見に来てください!

バイクポジション見直し

今シーズン戦ってきたバイクのポジションを見直しています。

写真はブラケットの位置をちょっと調整しているところです。

14611087_1024838757641666_945953339897839888_n
ハンドルに体重をかけなければほんの少しの違いは影響しない話なのですが、
座りの悪さと言いますか、ちょっとしたところにA型が出てしまいます。
(変更はブラケットだけではありませんが、、、)

ちなみに手前が変更後、奥が変更前のブラケットです。

集団走が認められるエリートレースでは、世界的にもだんだんとDHバーをつけない選手も多くなっている気もします。(1分30秒くらいのところ)

まあ、これだけ大集団になれば、確かにDHポジションをとるタイミングもないでしょうけど。

DHバーをつけようがつけまいが、このオフシーズンで改革してみます。

DH=前のり=サドルを高く前に。という式は一般的には正しいかもしれませんが、ドラフティングレースに関してはちょっと勝手が違ってくるというのが、我々の見解です。

ガッツリ前のりなら、こちらTRINITYで。

20160716_160733

あるお世話になっている方から「グッと入れてバシッと決まったところがポジションだ」というような逸話を聞いたことがありますが、なんだかわかるような気がします。