I’m fantastic everyday.

I’m fantastic everyday.

というのは、プロ野球の川崎宗則 選手がいつも言ってる言葉。

いつもYoutubeで「川崎宗則」と検索して、私もfantasticな気分になっています。

しばらくblogを更新していませんでしたが、この間に色々ありましたね。

レース自体は

7/8 アジアカップ高松 49位

7/16アクアスロン倉橋5連覇

8/20さぎしま大会5連覇

 

収穫もあれば課題もあって、日々その繰り返しです。

いかに自分が持久力任せにここまでやってきたかが、よくわかります。

というのも、ここにきて身体の細々な部分に痛みが出てきています。

 

その多くが身体が正しく使えていないことによります。

思えば、2017年が始まってからここまで、ずっと身体のことに悩まされています。

 

この状況は逆境でしょうか?

私はそうは思いません。

 

痛みを軸に進化をします。

効率的な動きを考え、探します。

まあまあ良くなったかなと感じる動きが、実はまだまだ効率的ではなかったり、一つがクリアできると、一つが道を外れたり。まったく逆のイメージをしていたり。

もはや、きりがないです。

トラブルがあってはじめて見えることもあります。痛みがでる=非効率という、一番明快な指標が今はあります。

そこをクリアしていくと効率的な動きにたどり着くことが多い。

僕は運動神経は決して良くないと思う。だからできるべきはずの動きを必死に身体に染み込ませる。頭も使って考える。考えすぎてドツボにハマる。

色々と回り道もしていると思うけど、TVでイチロー選手が遠回りが一番の近道みたいに言っていたのを思い出すし、それがなんとなくわかるような気がする。

いや、これは努力至上主義の話ではなく、「美味しいもの」が「美味しい」と確信を得るためには「不味いもの」を知らないと。今の状況で言えば、それが痛み。(もちろんけがはしないにこしたことはない。)

 

で、結局、

Don’t think, feel.

というところに行き着くことになる。

 

その新たなfeelを求めて、今はじめたのはこれ。

 

 

シーカヤック。これ、いいよ。

瀬戸田サンセットビーチでできます。

 

上手くいくこともそうでないことも、すべて結果。何かしらの結果さえ出てれば、次に進む方向が考えられる。

そう言う意味でも、I’m fantastic everyday!