一人と集団。意識と無意識。

私はここ数年、一人でトレーニングをすることが多いです。

心拍ゾーン5まであげるようなポイント練習も結構一人でやったりします。 

先日のランポイント練習は気温も低く、雨なのと、自分のコンディションも含めてまあまあタフでした。

 

 

さて、個人練習とグループ練習とで、それぞれメリット/デメリットがあると思います。(ここでの定義は「その場に同じトレーニングをする選手がいるかどうか」とする。)

 

乱暴にいえば「グループの方が追い込める」「個人の方が集中できる」など、容易に想像できるかと思います。

 

私の課題(のびしろ)にアプローチする上で、これまで多くを一人でトレーニングし、自分と向き合ってきたことはとても大切な時間だったと思います。(厳密には一人ではなく、そこにはたくさんの人の言葉が関わっています。) 

 

仲間がいれば頑張れるけど、一人では頑張れない。は、たぶんダメで。

 

一人だと集中できるけど、仲間といたら集中できない。も、たぶんダメ。

 

 

お世話になっているトレーナーさんと最近したお話で印象的だったのは「人間は目的があって動いている」ということ。

「◯◯筋を動かして、、、」「ここの角度はこうで、、、」とか、考えることもあるけど「動かすこと」が目的ではないですよね。

早く(速く)進む、スムーズに進む、乗る。

「スーっ」とか、「パンっ」とか、「グッ」とか、「ヌメー」とか。結局、そういうところになっていくんですかね。

 

 

、、、結局レースは相手がいるわけで、「相手に先行する」ということが大きな「目的」になります。(もちろん自分との戦いでもありますが)

天気天候、その他、色んなところに意識を向けるとなると、自分の動きをピンポイントで意識していく余裕は限られてきます。

 

 

私にとってグループ練習は「頑張れる」ということだけでなく「無意識の領域」を作っていけるかどうかが、大きな役割を担っているように思います。

 

グループ練習を上手く活用し、どんな環境も利用していこうと思います。

 

 

 

トライアスリートの良いところは、3種目分のびしろがあること。環境はいくらでも作り出せると思います。

トレーニング仲間に感謝ですね。

 

 

一人のときには、がっかりするほどたくさんの弱い自分に出会います。

ベタですが、弱い自分を知って、自分に勝ったり負けたり、乗り越えたりしたことは、力になっていると信じています。

 

色んな環境を作って、自分を前に進めていきます。

 

 

先日、地元広島で勢いのある知り合いのアスリートが、PROPEL ADVANCED PROを手に入れました。

今後がとても楽しみです!!!

 

ストアの全てのイベントも、私にとって大事な環境になっています。

真剣に遊ぶ

最近、どうにも雑念が多過ぎるみたいなので、やりました。スイム108本シリーズ。(例えば、100m×108本など。年末によく行われる)

 

フィンを装備した先輩方に引いてもらい、後輩方にうしろからつつかれるという。ちょうど美味しいところで。

途中所々で先頭がいなくなり、ドラフティング無しというオプション付きでなかなか刺激的な108本でした。

 

煩悩を払うために、年末によく行われる儀式ですが、こんないい練習を年末しかやらないのは実に勿体無い。

年末年始にもやったので、毎月実施していることになりますね。それだけ煩悩が多いのでしょうか。

燻ってるときには、ガツンと刺激がいるときもありますね。

 

モチベーションの浮き沈みは多少なりともあるもので、身体と心(思考)のズレの大きさに比例することが私の場合は多いと感じます。経験上。

 

例えば、

①何らかのことで体調を崩したとき、疲れがたまってしまう。

②取り戻さないといけないから頑張る。

③上手く動かず、疲れだけがまたたまる。

④気持ちが落ち込む。

 

といったこともあり得ます。

そうこうしてると、疲労を把握する手段や指標がなければ、だんだんとメンタルの弱さなのか、本当に疲れているのか、ワケがわからなくなる。という、悪循環。 

 

上手くいってないことはないのに、どうしてもなんだか噛み合わないな。。。

という何とも言えないもやもやした時に、最終的に行き着くのは、

 

「これは遊びなんだ」

 

という思考。

 

「スポーツは真剣な遊び」

 

と、ある方に教わりました。

 

タモリさんも

 

「真剣にやれよ!仕事じゃねえんだ!」

 

という名言を残しているみたいです。

 

トライアスロンというスポーツも、もとをたどれば、アメリカの軍人が宴会の場で「3つまとめてやってみよう」というノリで始まったもの。

 

となると、今日やったことは誰が最後まで生き残るかという遊び。

昨日までの自分を超えられるか。

目標にどれだけ近づけるか。

ライバルよりも早くフィニッシュできるかどうか。

 

すべてが遊び。

 

真剣に遊びます。