1を教えて10楽しませる

「1を聞いて10を知る」という言葉がある。

先日、パーソナルの依頼が有り、小学生2名にトライアスロンを教えた。

聞けば、9月に初めてトライアスロン大会に参加するので、教えて欲しいということ。

自転車のコーナリング、トランジット、海で泳ぐことをした。

練習をするというより、楽しんだという方が正しい。

子ども。まだまだ教えることは山ほどあるけど、全部は到底無理。10あるうちの1でいっぱい。

例えば、「ヘッドアップ(サイティング)」なんか教えるよりも、ブイ回って「1回平泳ぎして」って言うだけで十分。飛び込みだってたとえお腹から突っ込む感じだけど、波に足を引っ掛けて膝から倒れるよりもずっといい。

1教えたらあとは楽しめたらいい。ちょっと極端か。

縁あってスポーツクラブでスイムのインストラクターをする機会がある。子ども、大人両方に教えるけど、最近は全部は教えない。

教えるとき、自分の引き出しを全部引っ張り出して、すべてをあげたくなってしまう。だけど、全部は教える必要ないなって。楽しくなっちゃうもん。

自分のスタイルは自分で舵とっていったほうがいい。

そして、自分が持っている引き出しにも限りがあるってこと。

それを広げていくために、たくさんのものを自分のフィルターに通して、吸収しないと。

見まくろう。聞きまくろう。真似しよう。楽しもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください