「教わること」「教えること」「考えること」

思うことを書いてみる。

最近、チームUP-DRAFTのメンバーをはじめ、動きを「教える」ことが増えてきている。

Jコーチから教わり始めて、1年ちょっと。少しずつ少しずつその考え方が理解できてきた。(まだ理解できていないところも間違いなくあるはずである)

今、「教わっていた」ことから「教えること」が新たに加わる。

「なぜ、こうなのか。」という理由を考えるようになる。

すると、「こうではないだろうか?」

次第に、「実はこっちの方が、効果的なのではないだろうか?」

となってくる。

教育学部で学んだ「生きる力」とか「PDCAサイクル」とか「クリティカルシンキングとかそんなことを思い出す。(笑)・・・・・・まあ、それはどうでもいいとして。

実はこの「教える」ということが、自分の日々のトレーニングに大きく影響している。

タイミングも相まって、ここ1か月コーチが日本にいない。苦笑。連絡をとりはするが、コーチも忙しい。嫌でも自分で「考える」しかない。

コーチのメニューにはないことも取り入れてみた。

goodspeed井原店長とのトレーニング、広島の蕎麦屋の店長のアドバイスなど、いろんなところから情報も入ってきた。

実は、練習会に来た方々からヒントを得たこともある。

トライアスリートにはトライアスリートのやり方があって、もっと言えば、自分と他人は違う。

コーチは24時間自分とともに過ごしているわけではない。

いや、むしろ、ともに過ごす時間の方が少ない。

したがって、どんなに素晴らしい「指導者」でも「選手」のすべてを見ることはできないと思う。

コーチの考え方、理論、経歴、人間性。信頼をしている。ここではもちろんそれを前提として書いている。

信頼するがあまり、出されたメニューをこなせば間違いない。と、そこに甘えていた。

「考えること」が少しずつ、増えてきたこの1か月。まだまだいろんな意味での自分の伸びしろを感じている。

今の自分を見てくれる存在として、間違いなくコーチは必要で。そのありがたい環境をもっともっと活用するには、もっともっと自分の考えを出していく必要があると感じた。

コーチが帰国してから、「進んでいる」と称賛されるのか、それとも「だめになっている」と指摘されるのか。

もちろん、前者であってほしい。

でも、よくわからんが、「どっちでもいい」と思える自分がいる。

どっちの答えであっても、階段を1つ登れる。

 

10段とばしで階段は登れない。

 

まだまだ、道は長い。日々、成長していきたいと「誓っている」。

 

これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

DCIM102GOPRO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください