第81回 中国山口駅伝 尾道市体育協会予選会

今日は福山市で行われたラン5000mの記録会に出場してきました。
 
この記録会は、1月28日(日)に山口県にて開催される「第81回 中国山口駅伝」の尾道市体育協会の代表をかけた選考会でした。
 
81回。。。
 
ものすごい歴史ですよね。
 
このブログを読んでいて第1回から知っている方がいたら、是非コメントしてください。
 
中国山口駅伝は西日本ではかなり大きな大会で、中国電力や世羅高校など、ニューイヤー駅伝や全国高校駅伝に出場するチームもごろごろ。
 
その中に「郡・市の部」という部というカテゴリーもあります。
各地域の強豪ランナーが選抜され、これもなかなかハイレベル。
 
近年は、箱根駅伝に出場する選手たちが帰省もかねて出場ということもあったりして、さらにレベルアップしているそうです。
 
ということで、その選考会でした。
 
 
 
次の写真、よく見ると珍しい光景が。
 
 
「中央学院大学」「拓殖大学」
 
箱根駅伝を終えた関東学連のランナーが帰省中に参加!!
 
同郷の選手のペースメーカーをしていたそうです。
 
 
 
長らく先頭を走っていて疲れてきたラスト2周のところで、拓殖大学の選手が上がってきてくれて私のペースメーカーをしてくれました!
 
 
もう、バネが凄い!!!
新年早々、とても貴重な体験ができました。
 
スピード練習はこれからというところでしたが、仕上がり的には50%というところでしょうか。
 
それよりなにより、とても良い感覚が得られたので良かったです!!
ここからの練習はハードになりますが、認定記録会(スイム400m、ラン5000m)でどこまで記録が伸ばせるか楽しみで仕方ありません!!!
 
認定記録会に弾みをつける上でも中国山口駅伝はとても大きなモチベーションになっています。
今日の結果から、尾道市の代表として選考していただいたそうなので、月末に向けてしっかりと上げていきます!
 
そして、ランが改善されると、スイムもバイクもパフォーマンスが良くなっていく。これがトライアスロンのおもしろいところ。
 
毎日変化があって楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)