真剣に遊ぶ

最近、どうにも雑念が多過ぎるみたいなので、やりました。スイム108本シリーズ。(例えば、100m×108本など。年末によく行われる)

 

フィンを装備した先輩方に引いてもらい、後輩方にうしろからつつかれるという。ちょうど美味しいところで。

途中所々で先頭がいなくなり、ドラフティング無しというオプション付きでなかなか刺激的な108本でした。

 

煩悩を払うために、年末によく行われる儀式ですが、こんないい練習を年末しかやらないのは実に勿体無い。

年末年始にもやったので、毎月実施していることになりますね。それだけ煩悩が多いのでしょうか。

燻ってるときには、ガツンと刺激がいるときもありますね。

 

モチベーションの浮き沈みは多少なりともあるもので、身体と心(思考)のズレの大きさに比例することが私の場合は多いと感じます。経験上。

 

例えば、

①何らかのことで体調を崩したとき、疲れがたまってしまう。

②取り戻さないといけないから頑張る。

③上手く動かず、疲れだけがまたたまる。

④気持ちが落ち込む。

 

といったこともあり得ます。

そうこうしてると、疲労を把握する手段や指標がなければ、だんだんとメンタルの弱さなのか、本当に疲れているのか、ワケがわからなくなる。という、悪循環。 

 

上手くいってないことはないのに、どうしてもなんだか噛み合わないな。。。

という何とも言えないもやもやした時に、最終的に行き着くのは、

 

「これは遊びなんだ」

 

という思考。

 

「スポーツは真剣な遊び」

 

と、ある方に教わりました。

 

タモリさんも

 

「真剣にやれよ!仕事じゃねえんだ!」

 

という名言を残しているみたいです。

 

トライアスロンというスポーツも、もとをたどれば、アメリカの軍人が宴会の場で「3つまとめてやってみよう」というノリで始まったもの。

 

となると、今日やったことは誰が最後まで生き残るかという遊び。

昨日までの自分を超えられるか。

目標にどれだけ近づけるか。

ライバルよりも早くフィニッシュできるかどうか。

 

すべてが遊び。

 

真剣に遊びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください