「活動報告」カテゴリーアーカイブ

中国ブロック選考会(日本選手権予選)

久しぶりの投稿となりますが、6/11に日本選手権の切符をかけて島根県さくらおろち湖で開催された中国ブロック選考会を戦ってきました。

距離はスプリント。ルールはエリートレース同様でノンウェット、ドラフティング有り。

出場枠は1枠。

優勝が絶対条件。

マークする選手は、

・ナショナル強化指定 桶谷選手(島根県)

・12,13年皆生王者 吉村選手(山口県)

・昨年のインカレ団体優勝校 流通経済大学所属 小原選手(鳥取県)

 

といったところでした。

 

結果は、優勝することができました。

 

展開としては、SWIMで桶谷選手がダントツでトップ通過。30秒後に小原選手が2位通過。そこから40秒後に私が6位で通過。

バイクは4.4kmを4周回。3周目で小原選手を吸収し、最終周回には桶谷選手を10秒差ほどの射程圏内においてFINISH。

3つ巴の勝負は最終種目のランとなった。

小原選手も桶谷選手も5000mの自己ベストは私よりも上で、特に桶谷選手はバイク中にどれだけ消耗したのか全く読めなかった。

ランも4周回。1周目で桶谷選手に追いつく。様子を探りながら、しばらく併走をした。正直、ここでも消耗具合はよくわからなかった。

2周目の時点で小原選手が徐々に離れていたので、一騎打ちとなった。

2km地点の上り坂で勝負をかけた。スプリントに持ち込まれると桶谷選手に分があることが予想できたので早めに仕掛けることは想定していた。

相当苦しかったが少しずつ差を広げ、逃げ切ることができた。

 

私の調子は良かった。桶谷選手は前週に中国で海外レースをこなしている。そして翌週は蒲郡、その次は大阪。表には出さないけど、きっと大変なスケジュールだったと思う。

私はこのレースに勝たなければいけなかった。なんとしても勝ちたかった。

 

この話には続きがあって、実はブロックの代表に選出されるにはスイムトップの選手から8%以内にスイムアップしないといけないという基準があった。

私はその基準を満たすことができなかった。現状参加選手でクリアしたのは3位の小原選手のみとなる。

桶谷選手が参加するという情報を聞いた時点で、この基準はかなり厳しいことは理解していた。

正直、マジか。。。と思った。日本トライアスロン界のスイムトップクラスだから。

 

でも、ある意味で関係ない。と思うことができた。やるべきことは変わらない。コースを知り、展開を予想し、流れを読み切り、ベストを尽くすだけ。

スイム8%を切れなかったことは残念だった。それよりも向上しているスイムの力を発揮できなかったことは悔しかった。ほど遠い内容だった。でも残念ながら、今はそうなるべくしてなったスイムの結果なんだと理解している。今は変化が始まったところで、このレースには間に合わなかった。

上陸して、8%に達していないことはわかっていたけど、そんなことはもうどうでも良かった。

このレースに勝つ。それが僕にとっては一番大切だった。

 

この一年の最大の照準は次の冬場の認定記録会で強化指定の記録をクリアすることに定めている。すべてをそのために日々を過ごしている。

様々な環境も変えた。自分で足を運んで、自分の手を汚して、つかみ取る。と決めた。

とは言っても、いろいろな人のアドバイスをもらいながら日々成長している。要は心の持ちよう。

これまでにたくさんの人にたくさんのものを与えてもらってきたが、それを何も返すことができていない。

今、成長している中で

「あのときあの人が言ってたことか」

というパズルがつながる瞬間がある。

 

そして、自分自身で正しいかどうかを判断する基準には、確実にこれまでにいろんな人に与えてもらったものが基盤となっている。

 

所属先のONOMICHI U2やスポンサーのGIANT様、そして、これまでに支えてくれた人のためになんとしても。そう思って踏み出した今年、この初戦はなんとしても勝ちたかった。

 

幸い、スイム以外のレース内容については「評価に値するものであった」と小原工強化委員長のお言葉をいただいた。現在はまだ中国ブロックで選考中である。

学生時代から小原さんにも幾度となくお世話になってきている。今回の件も「スイムを伸ばせば戦える」と望みをもってくださっての現在の状況である。

 

もう、本当に感謝でしかない。絶対に何とかする。

 

選考会については、本当に素晴らしい環境に感謝しています。エリートもジュニアもレベルが年々上がっている中で、この選考会は必要な環境だと。

 

日本選手権までには4ヶ月ある。

どのような選考結果になるかはわからないが、本戦の頃には大幅に進化している自信がある。これだけは確信している。

 

次はみやじまパワートライアスロン エリートの部(6/25)

 

私がトライアスロンに出会った大会。

地元広島の応援してくれる人に元気な姿を見せたい。

 

小林 歩 

[所属 ] ONOMICHI U2

[スポンサー ] GIANT

[使用機材]

 バイク:PROPEL ADVANCED SL

 ヘルメット:RIVET ASIA

 ホイール:SLR0 AERO WHEELSYSTEM

 サングラス:SWOOP

 サイクルトレーナー(ウォームアップ):CYCLOTRON FLUID ST

 

中国シクロクロス 第4戦 中央森林公園

12月18日(日)に中国シクロクロスに出場しました!

人生初のシクロクロス!C3,4のカテゴリーに出場してきまし、優勝することができました!この結果からC2に昇格することができたみたいです。

今回のコースはほぼ芝生、ところどころに砂や泥、階段のセクションがありました。

第4戦広島中央森林公園

初シクロということで事前に練習を行いましたが、行った場所はビーチ。笑

ビーチと芝生は全然違います笑。ですが、ビーチの方が難しかったので結果オーライで。

中央森林公園の芝生はもう荒地。そのセクションを「イノシシ」と呼ぶ人のだそうで、確かに猪が掘りかえしたかのごとく、ボコボコでした。

朝一の試走では最初2気圧くらいで出発しましたが、もうはねてはねて進みませんでした。1.5気圧くらいまで落として、ようやくこげましたが、それでもバイクが暴れるのを必死にコントロール。お尻を浮かしてこぐ感じでうまくいきました。あまり気圧を下げると、リムうちパンクのリスクが出てくるそうです。そこも難しいところ。チューブレスだと安心ですね。

その他、急な斜面&コーナーや階段もあって「これ大丈夫かいな。。。」と不安だらけ。

 

そわそわしながらスタートを待ちます。

今回はU2のレガシーで。プロペルはローラーウォーミングアップ用に持ってきました。

そうこうしていると10:50のスタートに。C3,4は4周回。7.5km。時間にして30分弱の戦い。

2列目からのスタートでした。シクロクロスはスタートが肝心。ということはなんとなく知っていたので、最初のコーナーまで頑張って前に出ようとしましたが、5番手くらいで突入。

いきなり、「たこやき」と呼ばれる幼稚園児が砂場で作るくらいの大きさの土の山。渋滞になっていたので躊躇なく降りてラン。笑

その後、急斜面へ。

迷ったら、即ラン。笑

私はトライアスリートなので、今回の勝負の決めてはラン力だったかと。心拍もかなり上がりましたね。

楽しそうですね。

 

それにしてもシクロは奥が深い。

シケインというハードルの越え方も大事。

バイクの担ぎ方一つでも走りやすさが違う。

路面状況を瞬時に読む。最短距離が最速とは限らない。

綺麗にペダリングしないと進まない。

重心の移動。

コーナーもあえてドリフトをきかすような。。。

乗るのか走るのか泳ぐのか。

 

ほんの少し体験しただけでも、これくらいのことを感じました。ウィリーとかいろんな曲芸ができるようになりたいですね。ロードの方やトライアスリートの方、テクニックを磨くのに本当におすすめです!

 

表彰式。TCX SLR2とともに。2位はジャイアントストア東広島のスタッフ長谷川選手。もちろん彼もTCXで!

ちなみに広島大学の後輩です。

自転車サークル レイダーというチームです。

 

運営スタッフの方々、応援してくださった皆様、ありがとうございました!

会場の選手の方々、アドバイスをくださったり、ともにレースをしたり、ありがとうございました!

今回のシクロ挑戦にあたりGIANT様から

バイク:TCX SLR 2

シューズ:TRANSMIT

を提供いただきました。ありがとうございました!

TCX、めちゃくちゃ楽しいです!

ちょっとした距離の通勤などにも良いかもしれないですね。段差や砂利道もなんのその。興味のある方はぜひ、ジャイアントストアへ!

 

次回のシクロレースは未定ですが、トレーニングにもなるのでこれからもシクロを楽しんでいきたいと思います。C2カテゴリーでもよろしくお願いします!しっかりテクニックを鍛えておきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

追伸:ジャイアントストア尾道STORE RIDEは12月23日(祝)です!詳細はこちら

 

 

PHOTO by Jasonコーチ

ありがとうございました!

トレイルラン

シーズンオフはシーズンとは違うトレーニングが入ってきます。

その一例はトレイルランニング。

熟練者の方にコースを教えて頂きました!

20161113_140354

グローブは信号機で揃えてみました。

 

舗装路を走るのとは違い、難しさがあります。

アップダウンも多いので、そこまでペースを上げずとも負荷をかけることができますし、地面からの衝撃もアスファルトより少ないです。

今回走ってみて、重心の移動の仕方、力の伝え方などいろんな発見がありました。

また、聞く所によると、股関節などの柔軟性が増すそうです。確かに複雑なコースや路面状況に対応するには、普段のランニングではしない身体の使い方を強いられます。腕振りなど、上半身の可動域も広がってきますね。

トレイルから舗装路にうつった時には、なんと走りやすいことか。。。地面を掴んでいる感じ。

良いトレーニングになりそうです。

何よりも山で遊んでいるような、童心に戻った楽しさがあります。

15036690_1037781536347388_4434642933410839982_n

 

ぜひ皆様も取り入れてみてはいかがでしょうか?

※ただし、安全面や歩行者に気をつけてくださいね。

 

あと、汚れも。

20161113_154348

デュアスロンヒロシマ

11月6日(日)にデュアスロンヒロシマに招待選手として参加しました。

この時期のトレーニングはレースペースから離れているので、どうかな。と思いましたが、問題ありませんでした。

むしろバイクもランも良くなっている動きをそのまま実戦強度で試すことができ、非常に良い経験ができました。良い手応えがありました。

、、、とはいえ、バイクもランもアップダウンの激しいテクニカルなこのコース。まだまだ鍛えないと。という感想です。

この調子で冬場にしっかりと積み上げていきます。

img_8313

img_8332

img_8405

img_8538

広島県トライアスロン協会をはじめ大会スタッフの方、人数がスタッフ人数が少ない中で大変な中、運営をありがとうございました!

今回は県内外からたくさんの選手が参加されていて、そして若い世代の人も多く、とても嬉しく思います。皆さん、熱いレースをお疲れ様でした!

広島空港は標高がやや高いので、動いていない応援の方々は少し寒かったかもしれませんね。。。そんな中でも声援を下さりありがとうございました!

img_8646

表彰台は亀仙人さんと。招待選手でしたが、表彰していただきありがとうございました。

2位は広島大学の南屋選手、3位は立命館大学の田中選手。

とてもアットホームな雰囲気です。しかし、レース自体は非常に白熱。よろしければぜひ一度ご参加ください!

img_8658

チャレンジデュアスロンの告知もさせていただけました。

11月23日(祝)開催です。申し込みは終了しましたが、お時間ある方はぜひ見に来てください!

バイクポジション見直し

今シーズン戦ってきたバイクのポジションを見直しています。

写真はブラケットの位置をちょっと調整しているところです。

14611087_1024838757641666_945953339897839888_n
ハンドルに体重をかけなければほんの少しの違いは影響しない話なのですが、
座りの悪さと言いますか、ちょっとしたところにA型が出てしまいます。
(変更はブラケットだけではありませんが、、、)

ちなみに手前が変更後、奥が変更前のブラケットです。

集団走が認められるエリートレースでは、世界的にもだんだんとDHバーをつけない選手も多くなっている気もします。(1分30秒くらいのところ)

まあ、これだけ大集団になれば、確かにDHポジションをとるタイミングもないでしょうけど。

DHバーをつけようがつけまいが、このオフシーズンで改革してみます。

DH=前のり=サドルを高く前に。という式は一般的には正しいかもしれませんが、ドラフティングレースに関してはちょっと勝手が違ってくるというのが、我々の見解です。

ガッツリ前のりなら、こちらTRINITYで。

20160716_160733

あるお世話になっている方から「グッと入れてバシッと決まったところがポジションだ」というような逸話を聞いたことがありますが、なんだかわかるような気がします。

第71回国民体育大会 結団・壮行式

広島県の国体選手結団・壮行式に行ってきました。県の代表選手として気合が入りますね!

そこでちょっとした出会いがありました。

式の前に健康診断(血液検査と尿検査)、式の後にドーピングについての講習があります。クリーンな競技者として、気をつけねばならないことを再認識。

その健康診断で、ある高校生と一緒になり、彼の種目を聞いてみると「カヌー・スプリント」と言っていました。
私はカヌーのことは詳しくはないし、彼はトライアスロンのことは詳しくはないので、互いに興味津々。国体はよくよく考えたらいっぺんにたくさんの種目の人と出会える貴重な機会ですね。

カヌーは全身を使うし、持久力、筋力ともに必要でかなりキツイと言ってました。
カヌーとは違いますが、ボート出身トライアスリートでものすごくバイクが強い選手がいました。実際にボート部が使うローイングマシーンをしてみると確かにバイクに近いものがあります。
彼曰く、カヌーの動きはクロールにも似ているんだとか。中学時代は陸上をしてたとか。
最終的にトライアスロンやってみたいね。という話になりました。

小さな頃からトライアスロンに取り組む選手も最近は増えてきていますが、そのような子以外にもトライアスロンに生かせる素質を持っている子は探せばたくさんいるんだろうなと感じました。
高校生まで陸上でした。競泳でした。という子で大学に行ってやめてしまう子もいるでしょうし。

強化するとかどうとかは別として、いつかそういうセレクションみたいなことができたら、楽しいだろうな。と思いました。
知ってもらえる場、体験してもらえる場を作っていきたいですね。

昨日出会った彼といつかどこかの大会で再会できたら、嬉しいです。

20160915_154325 20160915_152211

小学校水泳記録会ゲスト

 吉川小学校水泳記録会

 日時:8月31日(水)

 場所:広島県東広島市、吉川小学校

  内容:水泳、記録測定、150mリレー

 

吉川小学校には2年前から水泳記録会のゲストとして参加させていただいています。1年生から6年生まで距離やタイムを測定し、夏季にかけて身につけた水泳の力を試します。

最後には私と体育の先生のチームと子どもたちの選抜チームで150mリレー対決をします。今回は子どもたちは25mを6人でリレーし、こちらは体育の先生が50m、私が100mという形式でした。

小学生でも25mであれば、速い子は16、17秒くらい(100mを1分10秒ちょっと)で泳ぐので意外といい勝負になります。

序盤の50m。体育の先生は児童の第2泳にリードを許してしまいました。次に控えている子どもたちの泳力がわからないので、とりあえず、最初の25mで並び、勝負どころを見極めました。云々。。。

最終的に余裕をもって勝てました。子ども相手に大人げない。。。という気もしますが、大人の力を見せてこそ。

2年前は、結構必死な対決だったけど、今回はすごく余裕をもてたということにあの頃よりだいぶスイム力も伸びたことを実感。

子どもたちの成果を測るこの会で、私も成果を感じることができました。

最後には挨拶の時間を頂くことができました。子どもたちや地域の方に向けて私なりの言葉で伝えさせていただきました。水泳が得意な子も苦手な子もいますが、自分が打ち込めるものを大切に頑張って欲しいです。

1つ1つを大切にこのような機会をいただけることに感謝をしています。

吉川小学校関係者の皆様、今年もありがとうございました。

20160831_114513 20160831_114647

20160831_115727

第27回トライアスロンさぎしま大会

 今年もさぎしま大会に招待選手として参加させていただきました。この大会は島をあげての応援やボランティアなど、とても温かい雰囲気があり、広島県で最も歴史のあるトライアスロン大会です。数年前までは中国地方の日本選手権の予選会も兼ねられており、学生時代から出場させていただいておりました。おかげ様で、広島県の関係者、地元選手、ボランティアの方々に顔を覚えていただき、いつも温かい声援をいただきます。いつも私を応援してくださるこの大会で、元気な姿を見せ、盛り上げたいと思っていました。

IMG_6232

 当日の予想最高気温は37度、スタート前の時点ですでに33度という酷暑で、オーバーヒートを避ける必要がありました。風をきって進むバイク中ですらひどい暑さで、エイドステーションのスポンジを利用しました。ボランティアの方々には本当に感謝です。レース中は選手、ボランティアの方々から名前で応援していただき、声援にもできる限り応えることができました。

IMG_6524 IMG_6643 IMG_6819

 「また来年も盛り上げてください」など、次に向けての言葉をいただけて良かったです。そして今回も表彰台からGIANT様、ONOMICHI U2様からのバイクボトルプレゼント。イベント終了後にはクリアファイルなどのグッズもプレゼントも。次回9月11日のしまなみ大会では何をプレゼントしようか考え中です。ぜひ注目してみてください。

IMG_7018

メインレースは県外が多いですが、最も応援して下さる地元広島のレースをこれからも大切にしていきます。酷暑の中でしたが、運営スタッフの皆様、ボランティアの皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。名前で応援してくださった方々、いつもありがとうございます。そして参加された選手の皆様、非常に過酷なコンディションの中、お疲れ様でした。またこれからもベストを尽くして頑張りましょう。これからもさぎしま大会がますます盛り上がっていきますことをお祈りしております。

13962480_963602040432005_4205682225991246827_n 14068188_963601977098678_2151875076769067472_n13939297_963602173765325_1417881910572433640_n14102834_1047908378659734_3425783941682121969_o14102973_963602070432002_213708875662882231_o14054233_963602147098661_8147476515928199085_n (1)

 最後になりましたが、今回大会のスイム競技で死亡事故が起こったことを知りました。あの日、同じスタートラインに立った選手の一人としてどのような表現をするのが適切かはわかりませんが、亡くなられた方とそのご家族にお悔やみ申し上げます。

 

 

小林 歩

アクアスロンくらはしレポート

日時:7月17日(日)

場所:広島県呉市

 距離:スイム2.4km ラン20km

 この大会はたくさんの市民の方のボランティアで成り立っている大会です。今回も招待選手として読んで頂けたことに感謝しています!

 FINISH後に、選手、スタッフ、応援の人などたくさんの方と交流できました。ありがとうございました!

20160717_110626

20160717_114855

 表彰式ではGIANT様から提供いただいているバイクボトルをプレゼントするなどのサプライズを行うことができました!

IMG_5138

IMG_5142

IMG_5136

ボトルトスは好評をいただいたので、今後8月21日のさぎしま大会、9月11日のしまなみ海道トライアスロンと2レースに招待選手として参加するので、またやりたいなと考えています!!!次回は肩を鍛えて、遠投できるようにしておきますね。。。

20160720000400

実行委員長の森本先生はじめ、スタッフの皆様、ボランティアの皆様、応援の皆様、雨が降ったり、暑くなったりと大変な天気の中でしたが、素晴らしい大会をありがとうございました!

選手の皆様、アップダウンの多いハードコースでしたが、コース上で励ましあい元気をもらうことができました。ありがとうございました!

レースの方は無事に4連覇することができました!

調子も上がってきているのでこの勢いで頑張ります!

IMG_4776

来年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

そうそう、

我がチームUP-DRAFTもたくさん参加し、チーム表彰も入りました!!

IMG_5063

20160717_122319

夏って感じですね。

レース後には、本郷AC、ROCK、広島鉄人会の皆さんと一緒にBBQを楽しみ、とても良い夏の一日でした!!ありがとうございました!!

 次回のレースは8月21日(日)トライアスロンさぎしま大会(広島県)です。こちらも招待選手としての自覚を持ちしっかり頑張ります。9月から10月にかけての重要な3連戦に向けてしっかりと準備していきます。今後共応援のほどよろしくお願いたします!

NTT ASTC トライアスロン アジアカップ(大阪) レポート

日時:7月10日(日)

 場所:大阪府大阪市舞洲

 結果:38位(出場者75名) 

タイム1時間00分59秒(Swim11:41 Bike32:25Run16:36)

  備考:スプリントディスタンス、エリートレース、アジアカップ

 

レースレポート

【レース前】

 今季2回目のアジアカップは前回以上に海外選手のエントリーが多く、ハイレベルなレースが予想されました。またスプリントディスタンス(いつものスタンダードディスタンスの半分)ということで、スピードレースにいかに対応できるかが大きなポイントでした。

IMG_4305 IMG_4319 

【スイム】

心身ともに良い状態でした。スイムは750m×1周回で、いつも以上に激しいスタートダッシュでしたが、しっかりと対応することができました。250mあたりで集団の後方になり、自分と同じあたりの泳力の集団を捉えていきました。500m地点で8人くらいの集団となり、そのままバイクトランジットへ、ターゲットとしていたメンバーと上陸することができました。前回の蒲郡大会から改善を重ねてきたことが成果として現れました。

IMG_4337

【バイク】

 バイクは4周回・トータル20kmで、周回の中間にある大きな橋を上り下りする折り返しコースでした。バイクスタートは集団の中程で乗車ラインを超えていきましたが、蒲郡大会でバイク力にはかなり分があることは感じていたので、すぐさま集団の先頭に上がり、序盤から積極的に勝負をかけていきました。コースのレイアウト上、集団が大きくふくれ上がることが予想でき、大集団の中で身動きがとれなくなると不利だと感じていました。前の集団をどのように吸収していくか、状況を判断しながら対応していきました。

IMG_4374 IMG_4427

 毎周、集団を吸収していき、上り坂で耐えられなくなった選手が集団からちぎれていく我慢勝負でした。ペースの上下は私自身の消耗もありましたが、ライバル選手たちも同様に疲弊している様子でした。常に集団の前方でレースをコントロールしていき、最終的には第3集団となりました。ランスタートのポジションをキープするために前方でトランジットへ向かい、混雑を避けました。集団の2番手でランをスムーズにスタートできました。

IMG_4480

 バイクパートはイメージ通りの展開に簡単にはなりませんでしたが、状況判断という点ではうまくできたと思います。

【ラン】                 

 ランはアップダウンのあるコースを3周回の5kmでした。ランスタートは42番手とはいえ、スプリントディスタンスなのでそこまでの差はついていないので、追い上げは十分に可能でした。勢いよくトランジットを飛びの出して走り出しの感じは非常に良かったです。しかし、数百mのところで体に異変を感じました。ペースアップのタイミングを間違えてしまうとFINISHに届ないうちに失速する可能性があり、ギリギリのペースで走りました。たくさんの方々の声援をいただく中、ラストスパートでオーストラリアの選手をかわし、38位でFINISHでした。抜きつ抜かれつで4つ順位を上げました。バイクFINISHまでは自分の現状レベルの中で良い展開で進められていたので、アクシデントによりランでの追い上げができなかったことは非常に悔しいところでした。

IMG_4538 IMG_4583

 

 大会関係者の方々、暑い中での素晴らしい運営をしていただきありがとうございました。

 現地を問わず、たくさんの方に応援をいただきありがとうございました。

 いつも選手活動を支えていただいているOnomichi U2、GIANTの皆様に感謝をしています。

 

 今回のスプリントのスピードレースに必要な要素や自分が引き上げるべき能力が見えてきたので、今回で得た経験をまた次に向けて活かしていきます。今後共どうぞよろしくお願いいたします。

次回レースは7月17日(日)地元広島県呉市で開催される「アクアスロンくらはし」に招待選手として出場します!!元気な姿をお見せできるよう頑張ります!

「小林歩 スポンサー機材」

フレーム:GIANT POPEL ADVANCED SL

ホイール:GIANT SLR0 AERO WHEELSYSTEM

ヘルメット:GIANT RIVET ASIA

サングラス:GIANT SWOOP

GIANT HP: http://www.giant.co.jp/giant16/