「日記」カテゴリーアーカイブ

1を教えて10楽しませる

「1を聞いて10を知る」という言葉がある。

先日、パーソナルの依頼が有り、小学生2名にトライアスロンを教えた。

聞けば、9月に初めてトライアスロン大会に参加するので、教えて欲しいということ。

自転車のコーナリング、トランジット、海で泳ぐことをした。

練習をするというより、楽しんだという方が正しい。

子ども。まだまだ教えることは山ほどあるけど、全部は到底無理。10あるうちの1でいっぱい。

例えば、「ヘッドアップ(サイティング)」なんか教えるよりも、ブイ回って「1回平泳ぎして」って言うだけで十分。飛び込みだってたとえお腹から突っ込む感じだけど、波に足を引っ掛けて膝から倒れるよりもずっといい。

1教えたらあとは楽しめたらいい。ちょっと極端か。

縁あってスポーツクラブでスイムのインストラクターをする機会がある。子ども、大人両方に教えるけど、最近は全部は教えない。

教えるとき、自分の引き出しを全部引っ張り出して、すべてをあげたくなってしまう。だけど、全部は教える必要ないなって。楽しくなっちゃうもん。

自分のスタイルは自分で舵とっていったほうがいい。

そして、自分が持っている引き出しにも限りがあるってこと。

それを広げていくために、たくさんのものを自分のフィルターに通して、吸収しないと。

見まくろう。聞きまくろう。真似しよう。楽しもう。

流離(さすらい)

という、タイトルが果たして意図にあっているのかはよくわからないけど、、、

 

ここ最近、様々な環境でトレーニングをしている。

とあるチームで一緒に水泳をし、とあるトライアスリートと練習し、もちろんコーチの元でも、ATHERにフィジカルトレーニングにも行くし、一人でする時間もある。

メインはここです。っていう「ここ」がない状態。

この状況がベストかどうか、正解はわからないけど、

取り組んだことが良いのかどうか、自分にあっているのかどうか、できなくてもよかったのか、疲れなのかなんなのか、回復できるのかどうなのか、したいのかしたくないのか、、、、、

そんなことが「シンプルに」考えられるようになっている。

いろいろな環境でトレーニングするということは、自分がしたいメニューができないという状況も含むわけである。それは一見、受動的に思うかもしれない。事実、出されたメニューを「(必死に。苦笑)こなす」という状況もある。

「とりあえずやる」ということの中には、「今日の目標はこれだ」っていうはっきりとした考えが薄い可能性もある。

じゃあ、全く「考えないか?」って言ったらそうではなくて、そのメニューを自分の中で解釈する。始めて出会う方法もある。言葉じゃないところで言えば、自分よりも優れたアスリートがうじゃうじゃいる環境下において、無意識のうちにお手本となる姿が視覚的情報として入ってくる。

自分、言葉、固定された枠の中で得られる情報は限られている。自分から探しにいくしかない。

一つの場所に滞らない。

あてもなく進む中には、イマイチなこともあるけど、10000個あるかもしれない「違うな」って思うことが1つ減る。

一歩間違えれば、他人任せな面もあるけど、どのタイミングでどこを選ぶか何を選ぶか、どれを続けるか。選ぶのは自分。

たくさんの選択肢があるからこそ、頭を使うのが嫌いでも、考えるようになる。そして次第に環境を整えていく。

逆の立場でも。もしも自分が指導を行うとして、相手の選択肢を狭めてはいけない。可能性はほかにもあるんだと。

 

滅多に漫画も読まないが、「井上雄彦」先生の作品だけはなぜか好きで、バガボンドの主人公「宮本武蔵」に共感できることが多くある。

「いつも自分の心の真ん中に」

「不思議と祈りたくなる」

 

滞ると視野が狭まる。人のせいにすると可能性が狭まる。

自分で決めた道、自分で進んだ道。そう思うと不思議と心は穏やかになる。たとえ予定と違うことが起こったとしても、それだけの事実として考えられる。その瞬間には次を考える。

 

さすらってみる。

新たな発見と、理屈のない、シンプルな心の真ん中に近づける。

少し離れてみること 3

かねてから興味があった「シクロクロス」を体験してみた。

マシンはこちら。

KIMG0912

 

TCX SLR2!!

(2014年モデル)

最近、周囲でシクロがはやっており、いつかは!!と思っていたら、念願叶いました。笑

まだ、フラットペダルですが。。。。

シクロクロスバイクって「こんなところ走るの!?」ってところまで、全然平気で走れます!

これは、ハマるわけだ。

バイクコントロールが上手になるだろうなあ。って競技に関連してやる価値を考えることもできますが、、、

単純におもしろい。

マラソン愛好家がトレイルランにはまっていくのと似てるのではなかろうかと。

でも、きっとアドバイスをくれる人、導いてくれる人がほんとに楽しんでるから、楽しいんだろうな。

トライアスロンをやってみたいって人に「じゃあやってみて」っていってもきっと楽しみを見いだせないだろうし、

教える人が楽しんでいなかったら、伝わらないんだろうな。

 

先日、ボルダリング2回目に行ってみました。

ふと登りながら、「トライアスロンやりたいなーー」って思ってしまいました。

 

この競技に出会って、勝っても負けても自転車仲間とアタック合戦するのが楽しくって、ただ泳ぐのが楽しくって、そしてひたすらに走ってた。

 

。。。。。シクロクロス終わって、時計もつけずに自然とランに駆け出していました。

 

、、、もちろん、シクロクロス速くなるためですよ。笑

 

さて、楽しんでいきますかね。

少し離れてみること 2

先日、久しぶりにプロ野球を見に行った。

広島VS中日。小中野球部だったこともあり野球は好き。

特にこの人を応援しているということはないけど、今村投手のTシャツを持っている。

まず驚いたのが、開始数時間前だというのに街中にユニフォームを着た人達がたくさんあふれている。

訳あって開始時間を数分遅れて入場した。

投手の一球に、アウト1つにスタジアムは興奮する。

吐きそうになった。

というのは比喩だけど、「なんていうプレッシャーの中で選手たちはやってるんだ」と思った。

別に自分がグランドに立つわけではないのに、そう感じた。

でも、この場を楽しむことができたら最高なんだろうな。

野球ファンの方は、相当に熱心で、いいプレーには最高に賞賛し、まずいプレーには容赦なくバッシングする。負けているときこそ盛り上げる。

トランペット舞台や応援団もいて、選手もプロなら、応援もプロなんだな。と感じた。

ヨーロッパのサッカーとかも評価は辛口。とかよく聞く。

選手としては、ひと思いにバッサリ行かれたほうが、時には楽なのかもしれないな。って。愛をこめたバッシング。

 

とにもかくにも、野球のちからはすごい。日本のスポーツを引っ張っているもの。日本最大のエンターテインメントなんだなと。

プロ野球全体が、「ファンを楽しませる」ってことを忘れない。

だから、マエケンさんもTシャツ書くし。ドアラもバク転めっちゃする。

雨天中止で、選手たちがファンを楽しませるために、雨の中派手なヘッドスライディングでびしょ濡れになってパフォーマンスをする様子をTVで見たことがある。

昔は、「風邪ひいたらどうすんだよ。意識低いな。」とか思ってた。

でも、これも大事なことなんだろうな。まあ、させられるのは若手なのかもしれないが。

試合が終われば、みんな球場をあとにする。赤が一気に群れをなして大移動。チーム応援歌を口ずさみながら。

野球のちからはすごい。

っていうお話でした。

ちなみにこの日は、ビジターパフォーマンス席しか空いてなかったので、ドラゴンズファンの方々と観戦。笑

KIMG0910

ということもあり、赤シャツを着ることもなく冷静に野球を見ることができました。

ドラゴンズの応援歌はシブい。

 

つづく。。。のか?

少し離れてみること 1

「スランプ」

って、、、、なんだ、、、?

プロ野球選手がよく「○○打席無安打」とか言って騒がれる。

こんなのは、「球技」によくあることだと思っていた。

Jコーチだったか、いつかふと聞いたことがある。

「スランプ」の原因は「メンタル」

ATHERの米澤先生は「プレッシャーは身体さえも変えてしまう」と

 

悪い夢、食欲すらもあるのかどうかわからない。

消えない身体のだるさ、不安、苦しさ。

 

21日の日本選手権予選から1週間、少し離れてみた。

 

壁を越えるためには「壁」に登ってみた。

KIMG0908

いや、別にギャグではない。

「ボルダリング」は奥が深い。意外と言っては失礼だが、なかなか難しい。

壁の突起(岩みたいなやつ、大小様々)を手でつかみ、脚で踏みながら登る。

レベル別各コースごとに触れていい岩が決められていて、コースによってはかなりハイレベルな身のこなしを必要とする。

手の指先だけの力に頼ると人間の握力なんてものは知れていて、数秒もしないうちに腕がパンパンになる。

むしろ大事なのは、「足(脚)」「背中」「体幹」、重心をうまく操り、次の岩を目指す。

身のこなしだけではない。登る前に頭の中で、手をかけ、足をかける順番をイメージしなければならない。

そうやって、落ちては何度も繰り返し、登る。もう握力はない。尋常じゃない汗、喉の渇き、それでもひたすらに繰り返す。

 

「できるようになりたい」

 

自転車に乗り始める時、逆上がりに挑戦する時のようにそれ以外のほかの感情なんてない。

「ボルダリング」は自分にとっては「あそび」

「あそび」の中には、余分な感情はない。

 

「スポーツは真剣な“あそび”」

 

今、自分にとってのトライアスロン、そこにあそびはあっただろうか。

 

 

、、、、、、そして単純にこのボルダリング、使っている筋肉がなかなかナイスである。

 

つづく。

 

みろくの里デュアスロン強化合宿 レポート 前半

3月21~22日に「みろくの里・ツネイシしまなみビレッジ」にてデュアスロン合宿を行いました。今季よりサポートいただいております「ツネイシLR㈱」様の合宿施設はとにかくほんとに広い!!

さて、指導を受け始めて一年あまり。。。。。。日々、効率的なトレーニングを考える中でいろんなことが変わってきました。

強くなりたいけど、速くなりたいけど、練習しなければいけないんだけど、、、「どうすればいい?=HOW?」という人も多いのではないでしょうか?

予てより「考えられる、ノウハウを持って帰れる合宿」をできないかと思っておりました。

そこで普段私のトライアスロン指導をしていただいているJasonコーチ、バイクパート指導をしていただいているgoodspeed井原店長にご協力頂きました。

2日間の合宿の内容はこちら

「合宿1日目」

8時30分合宿企画者の小林からオリエンテーションをしてDSC_6462

午前中はグループ別に小林によるトランジット講座とジェイソンコーチのランニングクリニック。

こちらはトランジット講座の様子。インカレ選手広大ガルズ南屋くん。

DSC_6476

 

今年トライアスロンデビュー小学生6年生の宮川くんも頑張ります!

DSC_6475

 

 

種目の移行時間もタイムに含まれるトライアスロンでは、このトランジットは第4種目目といっても過言ではありません。エリートレースではこれがうまくないと命取りに。。。そして、エイジグループの人でもここを頑張れば、ライバルに30秒差をつけることができます。

DSC_6478

あらかじめ、バイクシューズを固定。さあ、ここからどうやるのか。。。それはこの夏の練習会でやりましょう♪♪

初心者の方も乗車から降車まで、たった1時間で収得されました。レースが楽しみですね!経験者の方も新たな課題が見つかりました!

 

さて、こちらはジェイソンコーチのランニングクリニック。

DSC_6470

 

サッカーフィールドの周辺はランニングコースがあります。

DSC_6499

 

ドリルやウィンドスプリントを繰り返します。ジェイソンコーチが一人一人アドバイスをしてくださいました!

DSC_6497

 

午前中の日程は、技術練習に集中。昼食をはさんでからトレーニングです。

午後は、前後半でレベル別にグループを再編成し、ヒルクライムとランニングのインターバルでした。

こちらは前半組。初めにシッティングとダンシングのポイントを確認し、1kmあまりの坂をリピート。

レストをしっかり確保し、1本1本ハードに行いました。

DSC_6508 DSC_6514

 

こちらは広大ガルズと成田選手、庭田選手、岩本選手の後半組。実は前半組よりも少し斜度のあるコースした。

DSC_6524

ランニングのハードインターバル後でしたが、ガンガンこなしました!

初日トレーニングは練習時間こそ短いものの、強度を上げて行うことができました。

最終プログラムはバイクフィッティング相談会!

DSC_6578

 

「乗り方」があっての「ポジション」ということで、

まず、ジェイソンコーチから自転車の乗り方についてのレクチャーがあり、ジェイソンコーチ、井原店長、小林の3名で理想的なポジションに調整していきました。

DSC_6579

井原店長からは私たちが普段朝練で追求しているよりパワーを出すための「スイッチの入れ方」なども伝授していただきました。

大きくポジションを変更された方、新たな発見があった方も多く、2日目のバイクライドで早速生かせそうです。

お楽しみの晩御飯は合宿には嬉しいビュッフェスタイル。

DSCN0475 DSC_6581

夜の懇親会もほどほどに、合宿は2日目へ。

2日目はこちら。

自由研究 -BIKE編-

水曜日は、早朝からBIKEが始まる。

たかだか1時間、距離は30kmにも満たない。

しかし、その強度は、、、

 

ここ一年、自身のBIKEパフォーマンスの低下を認識していた。

一つには、学生時代よりも練習時間が同じか、少ないか。いずれにしてもがむしゃらにガンガンやってくような練習は減った。

一つには、スイムやランに比べて、狙うべき動きがいまいち定まっていなかった。

さらには、練習の優先としては3番手、筋トレも含めるなら4番手にもなりかねない状況だった(注:これはあくまで、自分の場合)

と、認識してはいるものの元あった力が低下していることに関しては、心中穏やかではない。

 

話しを戻すと、、、そのバイクの「コツ」みたいなものがつかめてきた。

この水曜練をはじめて早、、、何か月かわかりませんが、ようやくポイントがつかめてきている。(まだまだ、これからですが、、、)

ざっくりと練習の内容を話すと、アップ→パワーヒルクライムドリル(2本×3セット)

毎回、goodspeed井原店長はじめ数人で行う。

毎回、小林が1セット目でつかめない→ダメ出し→3セット目で追い込み切れず→皆様を4セット目に道ずれ。(苦笑)

心肺機能が強いというアドバンテージがありますが、僕の場合、大概うまく力が伝えきれておらず追い込め切れていない。(力の出し方がわからない。)ということが多い。特にスプリント系、スピード系の練習はそう。

で、長くなりましたが、つかんだ「コツ」というのは店長のアドバイス等々、話したいことは山々色々とあるんですが、

「重心」のこと。

以前、縁があってプロのサイクリストの方と長い時間マンツーで自転車に乗る貴重な体験をさせてもらった。上り坂は「引く」ではなく、「押す」だと言っていた。

その意図するところは、ハンドルを後ろに引くことによって身体の重心は後ろ方向にいくでしょ?ってこと。

自転車って良くも悪くもクランクを回せば進む。いや、回さなくても進む。だから、乗れた気になっていることが多い。簡単だからゆえに、ある意味難しいと思う。

トライアスリートの人は特に日常では、それがつかみにくいと思う。

ロードレーサーとの大きな違いは、スプリントがほぼないこと。スプリントでスピードを上げたり、ゴールスプリントのダンシングでもがくとき、もしもハンドルをひくことで重心が後ろに逃げていたら、回転数は上がっていかない。と思う。

学生時代の自分は、がむしゃらにガンガン体力任せで乗っていた。体力はとてもあるから先頭を引いたりだとか、ヒルクライムはそれなりに力を発揮できる。

しかし、スプリントになるとてんでついていけない。

体質だと思っていたが、どうやら改善していけるのかもしれない。

「重心」という観点については、スプリントに限らず、その他のシーンでも自転車の進みに影響してくるのではないだろうか。。。

結局、じゃあどうやってこぐのかという具体的なものは書かれていない。

というより、僕なりの感覚ってものがあるので、ここでは面倒なので書けない。。。何より自転車がないと。。。

もちろん、徒然なるままに書いてきたので、それ違うぞってことも今後出てくるとは思う。が、

以前から、「蛇口の水を全開で垂れ流している」と言われてきた自分の走りを、自由研究を積み重ねていくことで、効率のよい「蛇口」にしていきたいと思う。

皆様、ぜひ一緒に研究していきましょう!!

土曜日練習会もお待ちしております♪♪

 

それにしても、、、水曜朝練後はもれなく頭がくるくるします。笑。一緒に追い込んでくれる仲間に感謝感謝!!

ダンシング

「教わること」「教えること」「考えること」

思うことを書いてみる。

最近、チームUP-DRAFTのメンバーをはじめ、動きを「教える」ことが増えてきている。

Jコーチから教わり始めて、1年ちょっと。少しずつ少しずつその考え方が理解できてきた。(まだ理解できていないところも間違いなくあるはずである)

今、「教わっていた」ことから「教えること」が新たに加わる。

「なぜ、こうなのか。」という理由を考えるようになる。

すると、「こうではないだろうか?」

次第に、「実はこっちの方が、効果的なのではないだろうか?」

となってくる。

教育学部で学んだ「生きる力」とか「PDCAサイクル」とか「クリティカルシンキングとかそんなことを思い出す。(笑)・・・・・・まあ、それはどうでもいいとして。

実はこの「教える」ということが、自分の日々のトレーニングに大きく影響している。

タイミングも相まって、ここ1か月コーチが日本にいない。苦笑。連絡をとりはするが、コーチも忙しい。嫌でも自分で「考える」しかない。

コーチのメニューにはないことも取り入れてみた。

goodspeed井原店長とのトレーニング、広島の蕎麦屋の店長のアドバイスなど、いろんなところから情報も入ってきた。

実は、練習会に来た方々からヒントを得たこともある。

トライアスリートにはトライアスリートのやり方があって、もっと言えば、自分と他人は違う。

コーチは24時間自分とともに過ごしているわけではない。

いや、むしろ、ともに過ごす時間の方が少ない。

したがって、どんなに素晴らしい「指導者」でも「選手」のすべてを見ることはできないと思う。

コーチの考え方、理論、経歴、人間性。信頼をしている。ここではもちろんそれを前提として書いている。

信頼するがあまり、出されたメニューをこなせば間違いない。と、そこに甘えていた。

「考えること」が少しずつ、増えてきたこの1か月。まだまだいろんな意味での自分の伸びしろを感じている。

今の自分を見てくれる存在として、間違いなくコーチは必要で。そのありがたい環境をもっともっと活用するには、もっともっと自分の考えを出していく必要があると感じた。

コーチが帰国してから、「進んでいる」と称賛されるのか、それとも「だめになっている」と指摘されるのか。

もちろん、前者であってほしい。

でも、よくわからんが、「どっちでもいい」と思える自分がいる。

どっちの答えであっても、階段を1つ登れる。

 

10段とばしで階段は登れない。

 

まだまだ、道は長い。日々、成長していきたいと「誓っている」。

 

これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

DCIM102GOPRO

Exciting Weekend with UP-DRAFT

週末は、センター試験。都道府県男子駅伝。

そして「UP-DRAFT練習会・レッスン」とビッグイベントがそろいました。

「日曜日」

1時間目:ランニング座学

2時間目:スイムレッスン

レッスンは、追い込むよりはしっかりと動きを学び、身につけていくという目的です。

本日は6名。ランもスイムも一朝一夕では体得できないので、少しずつ「あ、これか!!」という喜びを積み重ねていきたいですね!

私のレッスンは、Jコーチ(speed-works)から受けてきたコーチング、そして私が日々トレーニングを積む中で理解してきたことも加わり、行われています。

未経験者からでも大丈夫です。ぜひぜひお越しください!

(※写真をとるのを忘れてしまいました。苦笑)

 

「土曜日」

体幹トレ1h、スイム1.5h、バイク1.5hという練習会。

メンバーは、初心者から50代からスイム1分切るようなスイマーまで。こんな感じ。

photo

皆さん、真っ直ぐなってますか?しっかり耐えれるように頑張りましょうね!

右一番奥のグレーが私。いい感じ。何がいいってアゴのとがり具合。

スイムはレベル別に分けて、泳ぎました。

意図があってサークル管理ではなく、レスト管理がメインのメニューなので、各自の泳力に特化してがんばれます。

パドルやフィンを使えるのも専用使用の特権!!メニューは私が提案しますが、道具を使うなど、ところどころアレンジしていただいても構いません。

 

unnamed

unnamed1

 bikeは安芸津~忠海~本郷を回る45kmほどのコースを行きました。

ヒルクライム、アップダウンもある乗りごたえあるコース。

こちらもレベルでパックを分けるので、ご安心ください。

DSCN0162

みんないい笑顔!お疲れ様でした!!

 

私は、普段様々な環境で練習しています。

一人行うものもあります。

パートナーがいることもあります。

だけど、やっぱり「Team」ってのはいいですね。

自分の頑張りが誰かのやる気に。

誰かの頑張りが自分をやる気に。

そんな感じに出来ればいいなと思っています。

UP-DRAFT会員以外の方も参加大募集!

 

断っておきますが、この土曜日は僕も普通に自分の練習しますからね。♪♪

ぜひ、一緒に頑張りましょう!

 

次回、練習会は1月24日(土)、レッスンは1月25日(日)

詳しくはこちら

2月21日、22日「デュアスロン合宿」も参加者大募集中!!申し込みはこちら